ご来店から施術までの流れ

Flow施術の流れ

はじめてワックス脱毛の施術を受ける人はもちろん、
通い慣れた人でも体調などの変化などによって、さまざまな不安や疑問が出てくるでしょう。
 
ここではワックス脱毛やLa Princesseでの施術について、
お客様から多くいただくご質問への回答をまとめました。

1.お着替え・準備

ワックスでお召し物が汚れることのないよう、施術部位に合わせてお着替えをお願いしております。女性のお客様にはガウンと紙ショーツ、男性のお客様にはトランクス型の紙ショーツをご用意しておりますので、個室にてこちらにお着替えくださいませ。

イメージ画像

2.施術部分の洗浄・殺菌

施術部分が炎症を起こすことのないよう、スキンクリーナーで施術部分を洗浄した後、パウダーまたはオイルをのせてお肌を保護します。この間に、カウンセリング内容をもとにして、お客様に最適なワックスのセレクトもさせていただきます。

イメージ画像

3.ワックスの塗布

準備が終わりましたら、いよいよワックスを塗布させていただきます。まずは施術部分の左片側にワックスをのせて、固まるのを待ちます(5~8秒程度)。一部分が固まるまでに、他の部分に塗るイメージです。
ワックスが固まったら、肌を押さえてはがします。

イメージ画像

アンダーヘア脱毛の体勢

Vライン、Iラインの脱毛では、片足を立てて横に倒した体勢になっていただきます。
Oラインは横向きに寝ていただき、上の足を曲げてお腹に抱えるような体勢です。
Vライン、Iラインの脱毛を終えてから、Oラインの脱毛に移らせていただきます。
 
※実際には紙ショーツもお脱ぎいただきます。

イメージ画像

4.ツイザー処理

ワックスでの脱毛が終わったら、短い毛や取りきれなかった毛を毛抜き(ツイザー)で取らせていただきます。痛みが苦手な方には毛抜きなしのメニューもございますので、カウンセリングの際にご希望をお聞かせください。

イメージ画像

After careアフターケアについて

施術後のアフターケアにも気を配っていただくことで、脱毛による皮膚のトラブルを予防できます。
肌をやわらかい状態にしておくことで、次回の施術時に毛が抜けやすくなり、
痛みが少なくなるという効果も期待できます。
 
ここでは施術直後から1か月の間にしていただきたい
アフターケアについて、ご紹介いたします。
 
(ご来店時には施術後プリントアウトしてお渡しいたします)

イメージ画像

  • 施術直後~3日

    施術直後は赤みが出たり、毛穴が盛り上がった状態になる場合があります。通常1日程度で引きますが、気になる場合は保冷剤や冷水で冷やしてください。また、施術から1~2日ほどは毛穴が開いているため、細菌が入りやすい状態です。湯船には浸からず、ぬるめのシャワーのみでお済ませください。サウナや日焼けサロンの利用、海やプール、温泉などへの入浴、汗をかくスポーツなども、同様の理由で避けるのが無難です。

  • 施術後3日~1週間

    この頃から、湯船に浸かってのご入浴もしていただけます。ただ、お肌が乾燥しやすい状態は続いておりますので、入浴後は油分をあまり含まない化粧水・乳液等で十分な保湿をお願いいたします。

  • 施術後1週間~1か月

    お客様の体質によっては、生えてくる毛が埋もれ毛になる場合がございます。施術後1週間後くらいからを目安に週2~3回のペースでスクラブでのマッサージをお勧めしております。マッサージ後は肌表面の角質が落ち、やはり肌が乾燥しやすい状態になります。スクラブでのお手入れをされた日は、いつもよりも念入りに保湿をお願いいたします。

  • 施術後1か月以降

    個人差はありますが、毛周期を考慮すると最初の脱毛から5~6週間後を目安に再度ケアをしていただくことをお勧めいたします。続けてケアを行うことで毛がだんだん細くなり、扱いやすくなるというメリットもございます。

Important point施術前のご注意点

安全な施術と美しい仕上がりのために、いくつかご注意いただきたい点がございます。
 
ご来店前には下記の項目をご確認の上、
施術部位や施術タイミングなどのご判断をお願いいたします。

  • 毛の長さ

    毛の長さは最低でも1㎝必要になります。3週間以内に光脱毛やレーザー脱毛の施術を受けた場合や、カミソリなどで自己処理をされたために長さが十分でない場合は、毛が残ってしまうことがあります。毛が長い場合はこちらでカットいたしますので、そのままの状態でお越しください。

  • ご体調

    生理前などでご体調が優れないときは、通常よりも痛みを強く感じることがございます。できるだけご体調がいいときに施術をお受けいただくことをお勧めいたします。
    また、風邪薬など抗生物質を含む薬を続けて服用している場合や、特殊な化学治療を受けておられる場合も、脱毛の効果に影響が出ることがあります。ご注意くださいませ。

  •  お肌の状態

    目に見えない小さなキズでも、そこから細菌が入り込んで炎症を起こす場合がございます。脱毛4週間前までに該当部位にタトゥーやピーリングを施したり、強い日焼けをすることはお控えください。該当部位にニキビや皮膚病などの疾患があったり、そのための治療薬(特にLetin-A成分を含むニキビ薬や化粧品、抗ヒスタミン剤配合の皮膚病薬)を使用している場合も、治るまでは施術を受けないことをお勧めいたします。